津山市・勝北診療所・内科・小児科|勝田郡勝央町・デイサービス出雲乢・グループホーム出雲乢

>
院長挨拶

院長挨拶

 

 医療法人こころ 勝北診療所のホームページにおいで下さり有難うございます。院長の平井龍三です。川崎医科大学卒業後、昭和60年よりこちらに帰り地域医療を行っています。

  地域医療を始めた当初より『0歳から100歳超までにより良いプライマリーケアを』を目指しております。

 診療は胃炎や胃潰瘍などの消化器疾患、高血圧症、糖尿病、慢性気管支炎、高脂血症など成人病を中心とした内科一般と小児科を診ています。その他プライマリーケアとして腰痛症、肩関節症、外傷や火傷など外科系疾病も診療いたします。

 治療について必要があれば津山中央病院を中心に川崎医科大学附属病院、岡山医療センター、岡山大学病院、済生会病院など2次、3次病院への紹介も遅滞なく行い診療に万全を期しております。

 また企業検診も積極的に受け入れています。

 

 

          

      <  資 格 >

 日本内科学会認定医

 日本医師会認定産業医

 日本医師会認定スポーツ医

 介護支援専門員

 
 

医療法人こころ 勝北診療所
院長 平井 龍三
 

 

 

 

当医療法人ロゴマークについて

   当医療法人では平成25年4月に関連施設としてデイサービス出雲乢を開設いたしました。同時にメビウスをロゴマークといたしました。

 このマークは世界的芸術家 武藤順九氏の代表作品です。

 シリーズ風の環の1つとしてイタリアのピエトラサンタ、ベルギーのアントワープ、イタリアのローマ法王の公園などに設置されています。

 このメビウスには表と裏がなく、また永遠性を表していると考えております。私は川崎医科大学創設者である故川崎祐宜初代理事長と第2代水野川崎医科大学長より医療はホスピタリティと教わりました。表裏なく患者様、介護施設利用者の皆様に必要な治療、介護をさせていただくことがホスピタリティと考えており、この考えを表す

ことができたことをうれしく思っております。